oshieteが目指すこと

私共はこれまで、専門家(士業連携200名強、2016年12月現在)と連携して、最適な経営改善プランを企業にご提案する専門家集団として活動を行ってまいりました。

その中で知り得たことは、規模の大小や業種に関わらずほとんどの企業は資金繰りに苦慮しており、既存事業だけでの事業継続に不安を抱いているという実状でした。

私共に何かお役に立てることがあるのではないかと、各専門家の実体験を持ち寄り幾度となく議論を繰り返した結果、やはり企業が追及するべきはいかにして継続経営を果たすかであり、それを実現するためには資金繰りこそが最も重要であるという結論に至りました。

(日本企業の年間倒産件数10000~15000社の内、創業5年で約85%の企業が消滅(特に資本金の少ない企業)、倒産理由の90%以上は総括すると資金ショートによるものです:2014年経済白書より)

しかし一口に資金繰りとはいってもその方法は年々多様化し、何が自社にとって最適な方法かを判別することは容易ではありません。

そもそも情報がきちんと行き届いておらず、また届いていたとしても申請手続きの煩雑さに、途中で断念してしまう企業も少なくないようです。

私共はこのような現状を打開すべく、年間3000種類以上公募されるといわれている返済不要な公的資金(助成金、補助金)や優遇措置のある公的融資(日本政策金融公庫等)を、メルマガの無料配信や認定コンサルタントの無料相談を実施する事などによって、中小企業者「385.3万社(うち小規模事業者は334.3万社):2014年経済白書より」に対して年間200件程度を抜粋して継続配信し、ご要望があった場合のみスポット契約にてお手伝いをさせて頂くことで企業の費用負担を最小化し、クライアント企業が安心して事業拡大に専念できるような資金繰り状況の改善に寄与できればと考えております。

私共がご提案するのは独自の専門家連携を生かした唯一無二の複合的フリーキャッシュフロー増加プランです。

御社の資金繰りを劇的に改善し、クライアント企業の自由資金比率70%超の実現に向けて、日々精進してまいります。